童話館「ぶっくくらぶ」の本

2020年3月22日

「ぶっくくらぶ」とのおつきあい

子どもの本の童話館「ぶっくくらぶ」の本との お付き合いは、長男が生まれてからずっと!

絵本のある子育て】に共感し、毎月1回宅配される本をいつも楽しみにしています。

自分ではどんなジャンルでも”好きな本”を読むけど、いざ自分の子どものために絵本を選ぶとしたら?

”絵本の読み聞かせ”をして、自分も一緒に楽しめるには
どんな本がいいのかな?

私の”わからない”に、もう15年(びっくり!家じゅう本だらけになるはずだ、、、)応えてくれています。

本は年齢にあったコース別に配本されます。

今のコースは大きいジュニアコース(14~15歳向け)の本。もうとっくに読み聞かせできる年齢でも、内容でもなくなりました。

本が届いてることを伝えても、自分の興味ある本ならパラリ、、、もしくは読んでもいない!

がっかり、、、(涙)

ですが、大きくなったらなったで今まで通り、大人も楽しめるので問題ないですよ(笑)

今月の配本『ギヴァー記憶を注ぐもの』

ギヴァー記憶を注ぐもの

著者 ロイスローリー

訳者 島津やよい

発行所 新評論

息子より先に読んでしまいま~す♪