サーチコンソール対処法を調べる

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」ってなんだろう?

???

わからないので調べてみます。

Google XML Sitemaps プラグインでは、サイトマップに含まれるHTML形式のサイトマップ、sitemap.htmlの中にnoindexのメタタグが設定される仕様になっています。そのため、上のスクリーンショットにあるように、Google XML Sitemapsで自動的に生成しているsitemap.htmlが、XMLサイトマップ内に含まれていると、Search Console カバレッジレポートで、「送信された URL に noindex タグが追加されています」のエラーとなることが多いです。(基本的にエラーとなります。)

この場合の対処法

  1. 何もしない。
  2. sitemap.htmlをサイトマップに含めないように設定する。

何もしない場合

Search Consoleのカバレッジレポートでは、「送信された URL に noindex タグが追加されています」のエラーになりますが、そのURLがHTMLサイトマップの場合は、実質的には問題はありません。HTMLサイトマップをインデックスさせる必要がないのであれば、noindexが含まれていても問題はありません。プラグインが生成するHTMLサイトマップがインデックスされたとしても、検索で表示される可能性は極めて低いです。インデックスさせる必要がないので、noindexを入れることは、妥当とも言えます。その場合は、エラーは表示され続けますが、サイト運営者としては状況を認識しているので問題はありません。

sitemap.htmlをサイトマップに含めないように設定する場合

エラーが無い状態にしたい場合は、サイトマップにsitemap.htmlを含めないように設定を変更する。

WordPressのダッシュボード>メニュー>「設定」>XML-Sitemapの設定>基本的な設定の項目

「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックをはずす。

[設定を更新]ボタンを押して、設定を保存。

Search Consoleのインデックスカバレッジのエラーページに戻って、「修正を検証」のボタンを押す。

検証作業とステータスの更新は、通常数日から1週間程度かかります。問題が修正されたことが確認されるとエラーが無くなり、「合格」の表示に変更になります。

保留が【合格】になれば、エラーメッセージが解消されるはず。。。

まとめ

前回、サーチコンソールにXMLサイトマップを送ろうとして【Google XML Sitemaps】プラグインを入れた時、はじめから「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックをはずしておけばエラーが出なかった、ってことか?

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」がわからないので調べてみました。

まだまだわからんことばかりですね、、、💦