肩こり対策 ためしてみよう

2020年2月27日

感じてわかる!セラピストのための解剖生理」から、自分でできそうなことをピックアップしました。

はじめて読まれる方は、前記事「カラダのズームアウト、ズームイン そこから何がわかるの?」をお読みください。

肩こりの原因 いろいろ

肩甲骨(けんこうこつ)が動かない→僧帽筋(そうぼうきん)の下の肩甲挙筋(けんこうきょきん)と菱形筋(りょうけいきん)が緊張ストレスから肩甲骨(けんこうこつ)が前屈し、肩が前に入っている

手のしびれや冷え→斜角筋(しゃかくきん)の緊張ストレスによる胸式の呼吸肩で息をしているなど。

肩こり対策 ためしてみよう

腹式呼吸を意識してみる

腕を肩からではなく、胸から動かす。 腕の付け根が胸鎖関節(きょうさかんせつ)であるとイメージ する。

・座って作業をしているときは、ひじをしっかり机に安定させて、腕の重さを支える。

・肩をゆるめるためには、腕や手をゆるめて緊張をほぐす。→肩甲骨エクササイズ

肩甲骨エクササイズ

①まず四つん這いになって、手のひらを中心に肩を大きく動かし、今の肩甲骨の動きを確認する。

②胸~上肢の屈筋群をストレッチ
立ったまま腕を伸ばし、手のひらを壁につけて固定し、そのまま体を捻ってみる。痛いところまでやらない!無理せずに気持ちのいいところまで伸ばせればOK。

③手の指を気持ちのいいところまで反らす。無理をして痛めないように!

・斜角筋をゆるめる(鎖骨から頸まわりのストレッチ

まず鎖骨に手を当てて、下に引く。同時に頸(くび)は上に伸ばしてストレッチしていく。そのままストレッチを感じながら頸をゆっくりまわしていく。(ストレッチの基本は、筋肉の走行に従い、両方にじわっと伸ばすことです)

また、舌を上にのばしながら、のど上部から鎖骨に向けてのどのストレッチをすると、リンパや静脈の流れが良くなり、小顔にも効果的だそうですよ。

参考書籍 「感じてわかる!セラピストのための解剖生理」より